• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

シミが出来てしまう原因について

シミが発生する原因は、老化にともないターンオーバーが遅れて、肌の中に生じたメラニンを体外に排出できなくなることです。
ターンオーバーとは、古い角質が剥がれ落ちて新しい肌細胞が生まれてくるという、肌の生まれ変わりのサイクルのことです。
ターンオーバーはだいたい28日間で一巡しますが、老化によってターンオーバーにかかる時間は長くなっていきます。体内のメラニンがなかなか排出されないでいると、色素沈着をおこしてしまい、これがシミになります。

メラニンは、紫外線などのダメージを受けた時に、肌を保護するためにメラノサイトから生成されるもので、本来は肌に害のある物質ではありません。しかし、体の中で増え過ぎるとシミやくすみの原因となってしまいます。
シミを防ぐためには、第一にメラニンが体内に生成されないように肌を刺激やダメージから守るということと、できてしまったメラニンをなるべく早く体外に排出するために、ターンオーバーを正常化しておくということが必要になります。
これには、紫外線対策や、肌の健康維持が効果的です。
肌には外部からの刺激やダメージから身を守るバリア機能が備わっていますが、バリア機能は肌に適正な水分量が無いと十分に働くことができません。
このため、肌をしっかりと保湿することが重要です。肌が潤っていると表面が柔らかく剥がれやすくなるため、ターンオーバーがスムーズに行われるためにも良いことです。

また、肌細胞を活性化するプラセンタエキスなどのアンチエイジング成分を摂取するのも効果的な対策法になります。サプリメントで取り入れるのも、そういった成分が配合されたスキンケア製品を使用するのも有効です。
肌細胞を活性化するのには、フェイシャルマッサージも役立ちますので、摩擦の刺激を与えないようにマッサージクリームを使用してマッサージするのも良いでしょう。
美白成分の配合されたマッサージクリームを使えば一石二鳥です。

シミを防ぐ為の紫外線対策について

シミが発生する原因は、紫外線などのダメージだけではありません。肝斑という種類のシミは、女性ホルモンの乱れが原因で発生するものです。
そのため、肝斑は女性ホルモンの活動が活発な30代から40代の女性に生じることが多く、女性ホルモンの活動が落ち着く60代以降の女性にはほとんど見られません。

肝斑の特徴は、30代から40代の女性に多く現れるということと、一般的な紫外線によるシミと違って、広範囲にぼんやりとした薄い褐色のくすみのように発生することです。
目の周りや鼻の周りなどに、左右対称に現われるものが多いのですが、顔全体がくすんで見えるため気にする女性が多いようです。
肝斑の治療は紫外線対策や保湿ケアなど、一般的なシミに対するものと同じ対処法では行えません。一番良いのは、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関に相談することでしょう。
しかし、肝斑であっても紫外線や外的なダメージによって濃くなってしまうことには変わりありません。
肝斑専用の治療を行いながら、肝斑を悪化させないためにも、肝斑以外の一般的なシミを予防・改善するためにも、セルフケアは続ける必要があります。

紫外線対策というと、日焼け止めを塗るというイメージがあります。もちろんそれも大切ですが、紫外線を浴びてしまっても必要以上にメラニンを生じないために、メラニンを抑制するための対策も行いましょう。
たとえば、ビタミンCにはメラニンが生成されるのを抑制する効果があります。
ビタミンCは食事やサプリメントから摂取しても良いですし、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア製品を使用しても良いでしょう。
ダメージに強い肌になるために、保湿をしてバリア機能を高めるのも重要なことです。どのようなシミに対しても、基本的な対処法は変わらないということになります。