• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

シミをカバーするメイクの方法

肌のキメや透明感は見た目年齢に大きな影響を与えますが、それ以上に顔を老けさせてしまう厄介なものがシミです。
シミは、紫外線によってメラニンの働きが活発になることで作られますが、適切なケアをしないとだんだん大きくなったり濃くなるのでコンプレックスにもなりやすい老化現象です。
とはいえ、若い人でもシミに悩む人は多いので、手軽にできるメイクでカバーしてしまいましょう。

まず、シミの原因である紫外線は浴び続けることでさらに悪影響を及ぼしますので、メイク用品やスキンケアの段階でも日焼け止め効果や美白効果のあるものをチョイスします。
ファンデーションを付ける前に気になる部分にだけコンシーラーを乗せていきます。このとき、肌の色よりもワントーン暗めを選ぶのがポイントです。

コンシーラーを指でシミのアウトラインよりも少しはみ出る程度に乗せたら、指の腹かメイクチップで外に向かって少しだけラインをぼかします。
リキッドやクリームタイプのファンデーションの場合はコンシーラーの前に、パウダータイプの場合はコンシーラーの後に使いましょう。
ファンデーションの後はフェイスパウダーを使うのが鉄則です。コンシーラーのヨレを防ぎ、メイクのもちが良くなります。

ベースメイクの段階でまだシミが見えていてもあまり気にしなくて大丈夫です。
ポイントメイクを行ううちに目立たなくなることを計算して、ちょっと足りないくらいでとどめておくのが失敗しないメイク方法です。
隠したいシミがある場所にもよりますが、シミができやすいこめかみ部分は、メイクが濃いと一気に老けて見える部分でもありますので、コンシーラーなどの重ね過ぎに注意しましょう。
顔にたくさんシミがある場合でも、全てのシミを消そうとせずに、気になる大き目のもの、濃いものだけを集中してカバーするようにした方がナチュラル感が維持できるのでおすすめです。
コンシーラーで隠れなかった部分もハイライトやチーク、シェーディングなどのステップで目立たなくなりますので、やりすぎには注意してください。

誰にでも使いやすいメイク用品の紹介

メイクが苦手という人の中に多いのが、メイク用品を使いこなせていないということです。
メイク上級者なら誰でも必ず持っているコンシーラーはシミやニキビ跡、クマなどを消すほかに、ハイライトやシェーディングとしても使える万能選手。
テクスチャーも固めのスティックタイプからクリームタイプまで様々あるので、使う範囲や目的によって使い分けましょう。

メイクブラシも色々な形やタイプ、大きさがあってもなかなか使いこなせないアイテムのひとつ。使い勝手が良く初心者にもおすすめなのが平筆タイプのメイクブラシです。
平らな筆先でコシのある毛のメイクブラシはリキッドファンデーションなどを肌に乗せるときに使うのが一般的。今まで手で付けていたという人はぜひ試してみてください。
細かなところまで均一に伸ばすことができるので、仕上がりがワンランクアップします。ただし、メイクブラシは清潔に保つように心がけましょう。

もう一つ、メイク見習い中の人がスキップしてしまいがちなアイテムがフェイスパウダーです。
ベースメイクの仕上げや全てのステップの最終仕上げとして使うフェイスパウダーは使うのと使わないのではメイクの持ちに雲泥の差が出ます。
せっかくのシミをカバーしたメイク方法も、フェイスパウダーをスキップしてしまうと崩れやすくなりますので注意してください。
また、光を拡散して毛穴を目立たなくする効果があったり、色むらを補正する効果なども期待できますのでぜひお気に入りのものを見つけてみましょう。
メイク用品はかわいらしいものや美しいパッケージも魅力のひとつです。
ただ眺めているだけでも十分気持ちは上がりますが、ぜひ使いこなして本当のメイク上級者になってください。