• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

シワの改善にはトレチノインとハイドロキノンが有効

シワやたるみの改善、いわゆるアンチエイジングには、どのような成分が効果があるのでしょうか。
トレチノイン、いわゆるビタミンA誘導体が効果があることは、ご存知の方も多いでしょう。皮膚の再生を促し、コラーゲンの分泌を高めることから、アンチエイジングアイテムに配合されています。
しかしもう一つ、こちらはちょっと意外な成分が、シワやたるみに効くことがあります。

それは、ハイドロキノンです。ハイドロキノンというのは、元々は天然の成分として存在しており、メラニン色素のもととなる、チロシナーゼができるのを食い止めるため、シミの治療薬として有名です。
しかしこの成分は、同時に酸化防止の効果があります、皮膚の老化は、酸化による影響が大きいのですが、それを食い止めてくれるため、アンチエイジングにつなげることができるのです。

この2つを組み合わせることで、皮膚のターンオーバーを促し、しかも酸化防止の効果があるので、シワあるいはたるみが徐々に改善されて行くようになります。
もし市販のアイテムで効果が得られない時には、皮膚科のクリニックを受診して、しかるべきスキンケアアイテムを処方してもらうという方法もあります。

ただしトレチノインもハイドロキノンも、効果がある反面、使い方には気をつける必要があります。
特に皮膚科でトレチノインの処方をしてもらう場合は、必ず医師の指示に従った使い方をしましょう。
もし使用中に痛みが強くなったとか、皮膚がやけに赤くなった、あるいはしみて困るという場合は、処方してもらったクリニックで相談してみるようにしましょう。

それから特にトレチノインの場合は、紫外線を受けやすくなることがあります。ですから、必ず紫外線をブロックするように心がけましょう。
また皮膚の角質層をはがす働きがあるため、バリアが弱くなり、乾燥しやすくなりますので、保湿を十分行うようにしましょう。

そしてトレチノインの場合は、妊娠中は控えるようにしてください。ハイドロキノンは妊娠中でも問題ありませんが、こちらも紫外線を受けやすくなりますので、気をつけるようにしましょう。

シワやたるみが多いと何故老けて見える?

しかし、シワやたるみが多いと、なぜ老け顔になってしまうのでしょう。まずシワやたるみのある顔は、疲れて見えることが多く、そのため生き生きした印象がなくなってしまいます。
またシワやたるみの多い顔は、乾燥していることが多いです。そのため肌も荒れがちになり、生活に疲れているように見えてしまいます。

特に紫外線をきちんとブロックしないと、老け顔になりやすくなります。
紫外線はメラニン色素を作り出すもとでもあるので、シミだけでなく、たるみやシワを防ぐためにも、常に紫外線から肌を守る必要があります。また、紫外線による乾燥も防ぐことができます。

逆の見方をすれば、紫外線ケアをしないと、シワやたるみ、そしてシミも出来やすくなるということです。
ですから普段のスキンケアは、保湿と紫外線ブロック、これを重点的に行うようにしましょう。
ある程度年齢を重ねて行けば、シワやたるみがいくらか出てくるのは仕方ないことですが、それができるのを遅らせることは可能です。

またシワやたるみ、シミを隠そうとすると、厚塗りのメークになってしまいます。厚塗りメークもまた、老けて見える一因となります。
若々しく見せるのであれば、まずスキンケアや紫外線ブロックを行ったうえで、ナチュラルメークを心がけるようにしましょう。また、日常生活の中で、改善するべき点は改善しましょう。

たとえばストレスを抱えていたり、姿勢が悪かったりすると、きちんと肌のケアをしていても、これまた老けて見える原因となります。
ストレスをうまく発散し、いつも姿勢をきちんとしていることも、老けて見せないためにはとても重要なことです。そして三食をきちんと摂り、規則正しい生活を送ることで、肌質も改善されてくるようになります。