• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

加齢により発生する肝斑の治療について

肝斑は他のシミとは異なります。一般的なシミの常識が通用しませんので、治療を行うのは少し厄介になります。
症状としては、頬骨を中心に左右対称となって現れることが多いようです。これは他のシミには見られない傾向であり、一般的なシミは特定の場所にできるということがありません。
しかも、境界線がはっきりとしておらず、周囲との境があいまいであるために顔全体の色が濃くなったように見えることもあります。

肝斑が現れる年齢は、30代から40代が多いようです。50代にはいっても見られますが、それ以降になると薄くなる傾向にあります。
中には60代以降にそれまで悩まされ続けてきた肝斑がきれいに消えてしまうこともありますので、年齢が大きく関係していることが分かります。

肝斑ができてしまっても有効な治療法がありますので、諦めずにケアを行うことが大切です。
内服薬とレーザー治療を併用することで大きな成果をあげるのですが、内服薬に用いられるのはトラネキサム酸です。
トラネキサム酸にはメラニンの発生を抑える働きがありますので、効果的な治療を行うことができます。
レーザー治療を行う場合には、肝斑に効くタイプを選ばないと逆に色素沈着が濃くなってしまうことがあります。

レーザー治療では、肌にあまり刺激を与えないように弱いパワーのレーザーを当てながら肌の中に停滞しているメラニンを少しずつ壊していくことのできる肝斑レーザートーニングが有効です。
これはQスイッチYAGレーザーによる治療法であり、即効性が期待できますので短い期間で治療を終えることができます。

肝斑治療では外用薬も効果的です。利用するのはハイドロキノンであり、外用薬の中でももっとも強い作用を持つ部類に入りますので、慎重に治療を行わなければなりません。
ハイドロキノンは美白で有名なアルブチンやコウジ酸などと比べると約100倍もの効果があると言われています。その作用の強さから、肌の漂白剤とも呼ばれます。

肝斑は何故発生してしまう?

肝斑が発生する要因として加齢が上げられますが、加齢とはいっても年齢が上がれば上がるほどリスクが高くなるわけではなく、30代から40代が発症しやすい年齢です。
なぜこの年代にできやすいのかというと、女性ホルモンのバランスが乱れるためだといわれています。
妊娠したり経口避妊薬を服用することでホルモンバランスが乱れて発症することもありますし、ストレスがホルモンバランスを乱すことで起こるケースもあります。

女性ホルモンが関係しているといわれていますが、厳密にいうと女性ホルモンそのものが引き起こしているわけではありません。
体内で女性ホルモンの分泌量が急に減ったり不安定になることで起こりますので、減りやすい時期や不安定になりやすいタイミングを知っておくと気をつけることができます。
この分泌量の変化が起こるきっかけとしてあげられるのが経口避妊薬の服用です。代表的な要因となり得るものですので、リスクがあることを覚えておかなければなりません。

実際に肝斑が現れたと感じることが多いのはピルを使用し始めた時です。
ピルを使用する人は、使用しない人と比較してみると女性ホルモンの分泌量が減少することが分かっています。
これは経口避妊薬による影響として忘れてはならないものであり、服用し始めてから肝斑ができたら真っ先に経口避妊薬が原因かもしれないと疑ってみる必要があります。

30代は発症しやすい年齢ではありますが、女性ホルモンの減少幅はそれほど大きくはないはずですので、女性ホルモンが減少する要因が日常生活に潜んでいるはずです。
最近ではピルを利用する人もかなり増えていて珍しいことではありませんが、良い面だけでなくこういったリスクもあります。