• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

女性の生理と肌荒れの関係

生理前や生理中になると肌がボロボロになってしまうという悩みを抱えている女性は多いです。
お腹や腰の痛みなどの身体的な症状の他に、ささいなことでイライラしたり、悲しくなってしまったりと精神面でもさまざまな不快な症状に悩まされることが多い生理前や生理中ですが、実はこういった症状や肌荒れが起こる原因には女性ホルモンが深く関係しています。
女性ホルモンはエストロゲンとプロゲストロンという二種類に分けることができ、それぞれ役割は違います。
そしてこれら二つのホルモンは生理周期によって片方が多く分泌されたり、または分泌される量が少なくなります。この女性ホルモンのバランスが崩れることによって、肌荒れは起こりやすくなります。

まず、エストロゲンは髪や肌にうるおいをもたらしたり、血流を良くする働きをしたりと、女性が妊娠しやすいような環境を作るホルモンです。
主に生理終了後から次の排卵日にかけての卵胞期に最も多く分泌されます。この頃は肌がボロボロになると感じる女性は少なく、むしろこのエストロゲンの役割により、生理後は肌や髪の調子が良いと感じる場合が多いです。
その一方で、プロゲステロンは排卵日から生理日にかけての黄体期に多く分泌され、皮脂の分泌量を増やしたり基礎体温を上げる役割を持っています。
また、メラニン色素の働きが良くなるため、シミができやすくもなります。
こういう風に聞くと、悪い影響しかないようなイメージを持つ人も中にはいるかもしれませんが、プロゲステロンもエストロゲン同様に妊娠に関してとても大切な役割を持つホルモンです。

しかし、結果的に皮脂の分泌量が増えたり、肌のターンオーバーが乱れることによって、黄体期には毛穴が詰まったり、肌がくすみやすくなったりといった肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
また、黄体期にプロゲステロンが増加することに伴い、エストロゲンが減少することも肌のうるおい不足に繋がるため、肌荒れが起こりやすいです。

肌荒れになりやすい女性の傾向について

生理前や生理中の肌荒れは女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こります。
そのため、日頃から女性ホルモンのバランスが崩れるような生活を送っている人は、生理前や生理中に肌荒れに悩まされやすいです。

例えば、普段から栄養バランスの悪い食事を食べている場合です。仕事などで忙しいと中々バランスの整った食事を食べる事は難しいかもしれませんが、食生活の乱れはホルモンバランスの乱れにも繋がります。
さらに、ダイエット中などで食事を制限したりと、食事を毎日三食とっていない人も注意が必要です。
食事を制限することによって体に必要な栄養素が十分に摂取できていない可能性がありますし、無理な食事制限は体にとってもストレスです。
ストレスを溜めることも、ホルモンバランスの乱れに繋がる可能性があるため、日頃からストレスを抱え込みやすい人は症状も現れやすいです。

その他には、日頃から体を動かす機会が少なかったり、忙しく、ゆっくり眠ることができないという人も肌荒れを起こしやすく、注意が必要です。
改善や予防を行うためにはやはり、肌にとって優しい生活を心がけることが大切です。
例えば、肌荒れを良くするために洗顔をしっかりと行う人がいますが、肌が弱っているときに、肌に刺激を与えるような過剰な洗顔は逆効果です。
肌荒れ時はあくまでも刺激を与えないように、優しく洗ってあげることが大切です。

さらに、食べるものにも気を使うことが効果的です。甘いものや脂っこいものの過剰摂取はニキビなどの原因になります。
そのため、生理前や生理中だけでも、食べ過ぎないように気をつけると良いです。
しかし、どれほど気をつけていても、どうしても肌荒れが起こってしまうときはあります。それは仕方がないことなので、時には耐えることも大切です。