• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

毛穴汚れを落とすならトレチノインとハイドロキノン

毛穴汚れを落とす効果が高いと言われるトレチノインとハイドロキノンは、医療機関においても治療薬として使われているほどの成分で、いちご鼻などの毛穴の汚れはもちろん、しつこいシミも改善に導くことが期待されています。
トレチノインが持っているピーリングや肌を再生に導くパワーと、ハイドロキノンが有している強力な美白作用との相乗効果で、肌の再生を促しながらの毛穴対策を行うことができます。

トレチノインはビタミンA誘導体の一つで、レチノールというビタミンAの約100倍もの効果を持つと言われています。
肌のターンオーバーを早めることで、繊維芽細胞という真皮に点在している細胞を刺激し、コラーゲンなどの生成を促します。
それに加えて、表皮の角化細胞の増殖も促進、真皮のコラーゲンやヒアルロン酸を生成して、ほどよい厚みを持つ肌を実現していきます。

ハイドロキノンのほうは、強力なメラニン還元作用を持つことから、医療機関においてシミの治療に使われています。
さらにハイドロキノンは、色素沈着やシミになってしまう黒色メラニンの元となるメラノサイト生成を抑制します。メラニンが作られる根本のメカニズムに働きかけることで、シミやニキビ跡が出来ないようにする役割を果たします。

ハイドロキノンは、黒色メラニンを白色に還元していく働きをするとも言われていることから、すでに出来てしまったシミやニキビ跡を薄くしていく可能性にも期待が集まっています。
トレチノインの作用で肌のターンオーバーを促して肌質の良さを高め、ハイドロキノンによって黒色メラニンを抑え、出来てしまっているシミなどを白くするなど、双方の効能を生かした合わせ技も期待されています。

丁寧なケアでいちご鼻対策をしても、皮脂腺が活発なことで効果が今一つといったオイリー肌の人の場合、このトレチノインとハイドロキノンの併用が有効と言われています。
医療機関での治療においても、この2つが同時に処方されるケースが見られます。トレチノインとハイドロキノンを有効かつ安全に活用するには保湿がカギと言われています。
効果の高い成分だけに、可能な限り適切な指導のもとで、保湿を欠かさずに行うことが大事です。

自分の毛穴の汚れがどれほどかのセルフチェック方法

自分の毛穴の汚れがどれほどかをセルフチェックするには、やはり鏡を見て念入りに目視で確かめることから始めます。
日ごろ皮脂腺が活発なオイリー肌の人は、まずあぶらとり紙などで余分な油分を肌から取り除いてからチェックを開始します。
毛穴を鏡でしっかり見るためには、十分な明るさが必要です。
明るめの照明のもとで、気になるいちご鼻、頬、額、鼻の下や口の周り、あごなど、念入りにチェックして行きます。

目視でのチェックのほか、肌を触った感触でも、毛穴の汚れ具合を調べることが大事です。
単に触って行くだけより、マッサージを兼ねて行うほうが肌へのストレスを掛けにくい面がありますので、ふだんから行っているマッサージの手順があれば、それに従って行い、鼻や額など毛穴が目立ちがちの箇所を念入りに触って確認して行きます。
スベスベ感がなく、ざらついた感触があれば、毛穴がかなり汚れてしまっています。

毛穴に汚れが溜まっていない肌の場合、触ってもざらついた感じがせず、すべすべとなめらかな感触となります。
手に触れた感じが明らかにざらっとしていれば、毛穴にかなりの汚れが溜まっていることを覚悟したほうが良いと言えます。
実際に触った上で感じるの肌のざらつき具合と、毛穴の汚れている度合いは比例しているとも言われ、その汚れこそが、肌のターンオーバーやバリア機能を低下させてしまう一因となっています。

トレチノインとハイドロキノンを生かした、いちご鼻などの毛穴汚れとシミの対策は、肌のターンオーバーを促すことにもつながりますので、一石二鳥どころか、それ以上の効果を期待することもできます。
保湿を万全にすることで、効果を最大限に高めつつ、望む美肌を手に入れることに繋げられます。