• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

美白効果のある食べ物の紹介

日頃からしっかりとケアしていても美白を保つことは難しく、多くの女性にとって美白は永遠のテーマともなっています。
しかし美白は日頃の食事によって目指すこともできますので、ここでは数ある食べ物や栄養素の中で特に美白効果の高いものをお伝えします。

ビタミンC
まず美白にはビタミンCが効果的です。と言うのもビタミンCにはシミやそばかすなどの基になるメラニンの生成を阻害させる働きがあります。
ビタミンCが含まれる食べ物としてはアセロラやキウイフルーツ、レモン、グレープフルーツなどの果物に多いですが、他にもパプリカやパセリ、ゴーヤなどの野菜にも豊富に含まれる成分です。
セラミド
セラミドには肌を紫外線や細菌などの外部刺激から守ってくれる効果があります。
また保湿作用も持っていることから、乾燥肌でお悩みの方にも適している栄養素となります。セラミドはこんにゃく芋や大豆、小麦、黒豆、ブロッコリー、牛乳などに豊富に含まれています。
ちなみに1日に必要な摂取量は0.6mgから1.2mgと言われていますので、こんにゃく芋であれば100g程度で摂取することができます。
リコピン
強い抗酸化作用がありますので、肌が酸化する事を防いで美白にしてくれます。
またシワの予防改善にも効果がある事が分かっていますので、積極的に摂取した方が良いですが、リコピンが含まれる食べ物としては当然トマトが挙げられます。
L-システイン
メラニンの生成を防止するのがビタミンCですが、同じく生成を防止した上で排出も促すのがL-システインになります。
ただしL-システインは食品の中には存在していませんので、体内に取り入れるには必須脂肪酸であるメチオニンを摂取する事で体内でL-システインの合成を行います。
メチオニンが含まれる食べ物としてはマグロや鶏肉、豚肉、牛肉などの動物性の食材に多いですが、他にも納豆や豆腐にも含まれます。
ビタミンE
ビタミンEも美白に欠かせないことは有名ですが、ビタミンEには肌のターンオーバーを促進させる効果がありますので色素沈着した細胞を排出してシミのない肌にしてくれます。
食べ物としてはナッツ類やアボカド、ほうれん草、ウナギなどに豊富に含まれています。
βカロチン
βカロチンには強い抗酸化作用がありますのでシミの基になるメラニンの沈着を抑えたり、肌の炎症を抑える効果もあります。
含まれる食べ物としては、緑黄色野菜に豊富で中でも、ニンジンやモロヘイヤ、ほうれん草などに多く含まれています。
このように美白に効果的な成分や、それらを含む食べ物は数多くありますので、大切なことは色々な食べ物をバランス良く摂取することです。

日常で簡単に摂取出来る美白効果のある料理レシピ

美白に効果的な栄養素は数多くありますが、これらを毎日摂取することは中々難しいですので、しっかりとレシピを考えながらバランスよく様々な食べ物を取り入れいるようにした方が良いでしょう。

中でもスムージーにすると数多くの食べ物を一気に摂取することができますので効率が良いですが、具体的なレシピとしては、グレープフルーツの皮を剥いて実を取り出します。
そして滑らかになるまでミキサーにかけていき、そこにアセロラ100%のジュースを加えてさらにミキサーにかければ完成です。
またお好みでほうれん草やモロヘイヤ、トマトなどのスムージーにしてしまえば、どんな食材でも取り入れることができます。
色々工夫をすれば毎日違った味を楽しむことができますので、継続して続けることも難しくないでしょう。

例えばキウイフルーツを取り入れたいと考えた場合には、小松菜2株とリンゴ半分、キウイフルーツ1個を全てミキサーに入れて粒が無くなるまで細かくすれば、それだけでも美味しいキウイフルーツのスムージーが完成します。
スムージーと同様に様々な食べ物を取り入れることができる料理としてはスープがありますので、例えばトマトをメインとしたミネストローネも手軽に作る事ができます。
作り方も簡単で、お好みの野菜を1センチ角にカットしてオリーブオイルで炒めていきます。
ある程度火が通ったら、野菜が浸かる量の水とコンソメを入れて10分ほど煮込んでいきます。

最後にトマトジュースを加えて塩コショウで味を調えれば完成です。
ちなみに使うトマトジュースは塩や砂糖などの余分な成分が含まれていないものを使用した方が健康にも良いです。
このように工夫しながら料理に取り入れることで、毎日無理なく続けることができます。大切なことは一時的に摂取するのではなく、継続することですので根気強く続けるようにしてください。