• トレチノインとハイドロキノン
  • 顏に手を当てる女性
  • 女性の医師

多くの女性の肌の悩みであるシミ。メイクで隠すことはできてもどうにかして消したいと思うのが普通です。そんな肌トラブルにはトレチノインとハイドロキノンという医薬品が効果的です。具体的にその使用方法とシミについてを詳しく見ていきましょう。

肌年齢を若くする方法は多岐に渡ります

スキンケア商品専門店のカウンターや、エステサロンなどで、肌年齢をチェックした経験がある方は少なくありません。
実年齢よりも高い数値が出るとなかなかショックなものですが、肌年齢は努力すれば若くしていくことが可能です。
若々しい肌とは、シワやシミがなく、潤いと透明感があるものです。シワやシミなどは、長い間紫外線を受け続けることによって生まれるものです。
そのため、普段から徹底したUVケアが必要です。日差しが強い夏だけではなく、一年中UVケアを怠らないようにしましょう。ビタミンCを配合したスキンケア商品はシミやソバカスを薄くしてくれる効果があるのでおすすめです。

過度なスキンケアも肌年齢を高くしてしまう原因の一つです。洗浄力が高いオイルクレンジングを使用したり、ゴシゴシ強く擦ると肌に摩擦を与えて乾燥を促してしまいます。
自分の肌に合ったスキンケア商品を使い、優しく洗顔した後は、たっぷり保湿をしてあげることが大切です。
保湿をした後は必ず乳液や美容液などで肌を整えてあげましょう。
定期的に美容パックを使用するのもおすすめですが、美容パックは長時間使用しすぎるとかえって肌を乾燥させることもあるので、使用時間を守って使用しましょう。

食生活を見直してみるのも肌年齢を若返らせるポイントです。おすすめの食材は女性ホルモンを活性させる効果のあるイソフラボンを含んだ食品です。
イソフラボンは主に大豆食品に多く含まれており、美肌を作るために必要不可欠です。
体内に活性酸素が増えると肌の代謝も乱れてしまうので、適切な酸化対策を行っていくことが大切です。
おすすめの酸化対策として、抗酸化作用のあるアボカドやかぼちゃ、アーモンドなどを積極的に摂取するようにしましょう。喫煙やストレスも酸化を促してしまうので、要注意です。

肌の代謝を良くするためには、代謝力を高め、老廃物を排出しやすい体を作っていく必要があります。ストレッチなどで体を温めるのも効果的です。
老廃物の多くは汗や便で排出されるので、腸内環境を整えてあげるのも大切です。乳酸菌などを多く含むヨーグルトなどの発酵食品は腸内環境を整える効果があるので、意識して取り入れていくようにしましょう。

肌年齢はどのくらいの周期でチェックした方がいい?

肌年齢チェックは自分でも簡単に行うことが出来ます。細かい数値を調べたい方は、市販の肌状態チェッカーを購入するのもいいでしょう。
またインターネットで質問に答えていくだけで大体の肌年齢をセルフチェックすることも可能です。
最近は、スマートフォンのアプリなどでも肌年齢をチェックできるものが出てきていますので、そういったものを利用してみるのもおすすめです。

肌年齢を若くしようと努力していると、どうしても頻繁に調べてみたくなるものですが、あまり頻繁にチェックしてもあまり意味がありません。
人の肌というものは、ターンオーバーの周期によって生まれ変わるものですので、その周期に合わせてチェックするのがベストです。

肌のターンオーバーには個人差がありますが、20代の場合、およそ28日周期だと言われています。
しかし年齢を重ねるごとにこの周期はドンドン長くなり、30日~50日程かかってしまうこともあります。
ターンオーバーが乱れると、全体がくすんで見えたり、肌表面がゴワゴワしてスキンケア商品が浸透しにくくなったりするものです。
ニキビや肌荒れが年齢とともに治りにくくなるのもターンオーバーの周期が長くなっている所以です。

肌年齢を若くするためには、このターンオーバーを正常化することが必要不可欠です。
ピーリング剤などを使用することによって、肌表面の古角質を落とすことも可能ですが、あまり頻繁に使用すると肌自体が薄く、弱くなってしまいますので、使用頻度を守るようにしましょう。
睡眠時に肌のターンオーバーに必要なホルモンが活性化されるので、十分な睡眠も心がけましょう。
睡眠直前の飲食は消化不良を起こすだけでなく、必要な栄養の吸収を妨げてしまうので控えるようにしましょう。